シミを無くしてマイナス5歳肌を目指そう

肌に残るシミをキレイに消す!オススメの治療法

食生活など、普段の生活を見直す

シミの原因は様々ありますが、最も多いものは紫外線によるシミです。
今もあるかどうか分かりませんが、一昔前にガングロという言葉が流行り、日焼けサロンや海などで真っ黒に日焼けした若者たちがあちらこちらにいたような記憶があります。若いころはまだ皮膚の再生力が高いのでシミとは無縁だったかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて肌も老化が始まるので、中高年になってくるとシミとして出始めます。
また、思春期の子供によく見られるのが、丸い斑点のような茶褐色の小さな斑点です。これは遺伝性のものがほとんどなので、割と小さいころからある場合が多いようです。その場合家族も同じような斑点があります。そばかすといわれているものですね。
それから、やけどやニキビなどによる肌の炎症が痕に残って出来るシミもあります。ニキビを早く消したくてついつい潰してしまう方は、痕に残る可能性があるので注意が必要になります。しかし分かってはいてもつい目先の欲望に負けてしまう方は多いのではないでしょうか。こうしたニキビは食生活が乱れてくるとできやすいので、まずは食事を見直すことが重要なポイントになります。
そして最後に挙げるのは、女性特有のシミです。肝斑といって、頬骨の部分によくできるものですが、この原因は主にホルモンバランスによるものといわれています。注意したいところは、この肝斑は通常のシミ治療で行われるレーザー治療では悪化する可能性が高いというところです。他のシミとしっかり見分けることが重要です。

おすすめリンク

▲ PageTop